イデアプラス

小売・流通業の業務最適化のための
情報発信サイト

このサービスは2021年10月に提供終了しました。
新サービスについてはこちらをご覧ください。

特長

出荷準備の時間を短縮して出荷作業にゆとりを

欠品配分の自動化により、手作業によるミスを軽減。入力時間や帳票の作成時間を短縮する事で、ゆとりをもった安心な出荷作業を行うことが出来ます。

●数量訂正を自動化!
商品毎の欠品総数を入力するだけで、店舗ごとに自動配分します。手入力の手間と時間を削減し、入力ミスを回避。

●作業したい範囲に絞った処理ができる!
今日の出荷分だけに絞り込める「作業範囲指定」機能を使い、作業範囲の絞り込みも簡単操作。残った分は明日以降の出荷と合わせて作業できます。

出荷確定のデータ処理を簡単に、確実に

●出荷確定データの自動作成
実納品データと出荷確定データのひも付けを手作業で行う必要がありません。しまむらPack に標準装備の「WEB-Navi」機能により、しまむらWEB-EDI 画面へ自動ログインし、自動でひも付け作業を行なうため、作業者はただ画面を見ているだけで出荷確定データが作成できてしまいます。

●送信データと出荷明細書はいつも一致!
出荷確定データを作成&送信も、出荷明細書の出力も自動で行われるため、送信したデータと明細の相違は発生しません。

もしもの時にも安心なBR (バックアップルーム) 機能

しまむらPackには、インターネット回線を利用して「システム」や「データ」を保全し、障害時の復旧、最新プログラムの維持をサポートする機能があります。

●自動バージョンアップ機能搭載
起動時に最新のバージョンアッププログラムがダウンロードされるため、気づかない間にいつも最新の状態でご利用いただくことが出来ます。

●パソコンが壊れてしまっても安心!
毎日の作業完了時にバックアップデータをインターサーブのデータセンターに送信しているため、万が一パソコンが壊れてしまっても、最後に正常終了した際に送られたバックアップデータの状態に戻すことができます。

画面・帳票サンプル

主な画面

◆商品別欠品画面

数量訂正を自動化!欠品入力が簡単。早い。しかも安全。

商品(コード) 毎に欠品入力ができます。

商品毎に欠品入力した内容が店舗別に自動配分されるため、手入力の手間と人的ミスが大幅に軽減されます。自動配分したくない場合は個別の入力ももちろんOK。

◆出荷明細No. 仮登録画面

出荷明細No.の仮登録が自動化され、入力ミスを軽減します。

対象となるしまむらセンターは自動で表示されます。

しまむらPack側の 画面のボタンを押すと、自動でしまむらWEB-EDI 画面に反映します。

しかも、作業単位で登録するため、手作業でのミスを防止します。

主な帳票

◆種まきリスト

「種まき」でのパッキング作業をより効率的に。

「種まき」でのパッキング時に有効な帳票。センター別と全店一括のどちらの形式でも作成できます。

【全店一括】
1つの商品に対して全センター分の店舗別の出荷数量を店番号順に表示。

【センター別】
1つの商品に対して最終センター別に店舗毎の出荷数量を店番号順に表示。

センター毎の作業に活用できます。

◆出荷明細No. 仮登録画面

「伝票」と「出荷明細No.」のひも付け確認、管理はこの帳票で。

「伝票」とひも付けた「出荷明細No.」を送信前の一覧表で確認することができます。

送信前に印刷して保管しておくと、しまむら様から問合せが来た時などの事後調査に役立ちます。

ユーザーレビュー

アパレル
出荷ご担当者様

伝票と出荷No. の紐付けが自動で出来たことに驚きました。

今まで、無料のクライアントシステムで出荷作業をしていました。その時は、WEB-EDIのピンク画面で行なう、伝票と出荷明細No.との紐付け作業に時間がかかっていましたし、量が多いときにはタイムアウトしてしまうこともあり、また最初から同じ作業をしなければならないということがよくありました。

しまむらPackを使い始めて一番驚いたことは、ピンク画面へ自動でログインし、箱数や、伝票と出荷明細No.の紐付けが自動でされていたことです!クライアントシステムでは、紐付け作業をする際に伝票番号をひとつひとつ調べて行なわなければいけなかったので、途中で間違えてしまうともうわからなくなってしまって、イチからやり直すことも。しまむらPackを使ってからは、簡単になったことはもちろん、間違いが起こらなくなったので安心です。

この紐付け機能が出来たいきさつもお聞きしたことがありますが、しまむらPack ができた頃は、この機能は無かったらしく、実際にサプライヤーが使い始めてから、多くの人が「紐付けが大変だ!」という声を聞いて、何とかならないものかと試行錯誤し、やっとこの機能が出来たのだそうです。そのおかげでクライアントシステムを使っていた時に比べ、紐付け作業がとても簡単になりました。

アパレル
出荷ご担当者様

数量訂正が楽に!

無償ソフトで、数量訂正にうんざりしている方には、しまむらPackがオススメです。欠品があった時、無償ソフトの場合は、伝票毎に店舗欄に1つ1つ数量を入れていく手間がとても大変でした。店舗が多ければ多いほど、手作業する部分が多くて・・・今、考えると、それが間違いの元だったんですね。

しまむらPack では出荷できる分の総数を入力するだけで、店舗別の数量の配分を自動で行なってくれるため、数量の訂正が楽にできるのでかなり助かっています。また、初回発注とフォロー発注の配分の違いも、設定の切り替えで簡単にできるのが非常によいです。 他にも便利機能は沢山ありますが、私が「しまむらPack は使える!」と思ったきっかけは、やはり数量訂正の部分がいちばん大きかったですね。

リビング
物流責任様

これをきっかけに運用を変えて正解でした。

しまむらさんとの取引を始めて驚いたのは、店舗の多さ。他の小売店さんと運用を変えないと無理だよ・・・と思っていたときにしまむらPackを知りました。もともと弊社は、出荷作業を行なってから欠品した製品を数量訂正していました。この時は無償ソフトを使っていたのですが、手書きで正しい数値を記入した紙を集計しつつ、伝票を開いては1店舗ずつ欠品入力をしていたので、そこに時間がかかってしまい、データ送信の時間に間に合わないこともありました。慌ててやるから入力間違いもありましたしね。

しまむらPackは、商品毎に総数で欠品入力をして、その数字で各店舗へ自動配分できると言われて、聞いた時は正直なところ、先に総数を確認することに抵抗を感じました。運用を変えると、現場から嫌がられることが多いですから(笑)。ですが、実際に数量を先に洗い出しておいて、欠品についてはこの「数量訂正から自動配分してくれる」機能を使ってみると、正しい数量で出したパッキングリストで作業ができるので、出荷の段でも手間がありませんし、あの恐ろしい量の数量訂正や入力間違いに悩まされなくなりました。まさかソフトウェアに運用を変えさせられるとは思いませんでしたが、思い切って変えてみて正解でした。

◆商品別欠品画面

◆出荷明細No. 仮登録画面

◆種まきリスト

◆出荷明細No. 仮登録画面

業務のことならなんでも
お気軽にご相談ください

お問い合わせ

お電話
03-5656-5288
営業時間
平日 9:00~18:00