トップページ  >  しまむら製品一覧  >  しまむらTool  >  特長と使い方

最小限のコストでEDI化を実現する
ホスト連動専用のデータコンバート&送受信ソフト。

導入実績は約200か所以上。データの送受信と必要帳票の出力、
出荷確定データのひも付け作業も全自動で行なう優れもの!

tool_logo
line6px1
pdficon_s印刷用PDF
line6px1
s-frimo しまむらfrimo
tool_howto02
dot_line2px
出荷確定情報を自動作成。自社ホストと素早く連携!

「出来るだけホストの開発費をかけたくない!」というお客様方の声から生まれました。
ホスト側の改修コストを最少にし、しまむらEDI対応を素早く実現できるデータコンバートツールです。


●出荷データの送信は開発不要!
自社ホストでの運用する場合も、出荷データの送信はこの「しまむらTool」にお任せください。
今までの受注管理や在庫引当て等の自社システムが、そのまま生かせます。


●出荷確定情報を自動作成!
自動的に出荷確定データのひも付けを行うため、手作業による人的ミスを軽減します。

 hint

dot_line2px
もしもの時にも安心なBR (バックアップルーム) 機能
Tool_howto03

しまむらTool には、インターネット回線を利用して「システム」や「データ」を保全し、障害時の復旧、最新プログラムの維持をサポートする機能があります。


●常に新しい「しまむらTool」を。
起動時に最新のプログラムが自動でダウンロードされるので、常に最新の「しまむらTool」をご利用頂けます。


●パソコンが壊れてしまっても安心!
毎日の作業完了時にバックアップデータをインターサーブに送信しているので、万一パソコンが壊れてしまった場合でも、最後に正常終了した際に送られたバックアップデータの状態に戻すことができます。

▲このページのトップへ