トップページ  >  一期一会のある暮らし
一期一会のある暮らし
美しい「秋の月」に寄せて!

  痛いほどの夏の日差しの下で、例年以上に鳴き声を競っていた蝉たちもあっけないほど突然に姿を消し、路傍では秋の虫たちが澄んだ音色を響かせるようになった。まだまだ“残暑”厳しい日もあるが、朝晩の空気も何やら透明感を増し、天空の星々の姿もはっきりしてきたような気がする今日この頃である。

  「秋」の夜空に輝く「月」は、既に“平安時代”から宮中の貴族ばかりではなく一般庶民に至るまで、多くの人々から愛でられていたようだ。宮中では、中国から伝わったと言われる“観月の宴”という行事が行われていたし、一般庶民の間でも“お月見”
という習わしが定着したと記録にある。「竹取物語」など、「月」の世界を題材にした物語も残されており、日本人が抱く「月」への“特別な思い”が感じられる。「竹取物語」を題材として高畑勲監督が製作された「かぐや姫の物語」でも「月」からの使者(天女や仏達)が七色に輝く雲に乗って地上に降り立つ様子が描かれていたが、当時の人々にとっては「月」は信仰の対象であり、そこはまさしく“天上(極楽浄土)”であると捉えられていたのだろう。「月」の美しさ、特に「秋」の夜空で煌々と光を放つその美しさは、多くの人々に、ひと時“地上の喧騒”を忘れさせたに違いない。

  “旧暦(太陰暦)”で、いわゆる「秋」と言うのは7月(初秋)、8月(仲秋)、9月(晩秋)の3ヵ月を指し、“新暦(太陽暦)”
では、それぞれ約1ヵ月遅い8月、9月、10月の3ヵ月間を言う。「秋」の空にひときわ美しく光輝くとしてその名も高い
“名月”とは、旧暦8月15日の“中秋の名月”のことで、別名「十五夜(じゅうごや)」とも言われる。この時、“仲秋の名月”と書いても間違いではないが、“仲秋”とは8月全体を指すため、こう書けば特に“8月15日の月”だけを特定するわけではないことになる。“旧暦”は月の動きに連動し、“新暦”は太陽の動きに連動しているため、その間には、かなりの“ずれ”が生じる。つまり注意しなければならないのは“旧暦”の「十五夜」が“新暦”では毎年日付が変わることだ。ちなみに今年(平成27年)は、“新暦”の9月27日が「十五夜」に当たり、来年(平成28年)は9月15日が、それに当たる。「十五夜」
は“満月”か“満月”に近い姿を愛でる“お月見”である。それに比してまだ“満月”一歩手前の若干欠けている“名月”を楽しむのが、「十五夜」から約1ヵ月後の
「十三夜(じゅうさんや)」だ。「十五夜」はもともと中国から伝わった風習だが、「十三夜」は日本独自の風習で、旧暦9月13日の“お月見”のことである。言い伝えによれば「宇多天皇」が“旧暦”の8月15日に続き、9月13日にも“観月の宴”を開き、この「月」こそ“無双(天下に比類無し!)”と讃えたことから定着したという。誠に、“不完全”なものにこそ、真の美しさがあるという日本人らしい“美意識”であると言えよう。「十五夜」と「十三夜」いずれも“お月見”をしないと“片月見”と言って縁起が悪いとされた。今年の「十三夜」は10月25日である。是非、晴れた夜空に浮かぶ「秋の月」を、ご自身の眼で鑑賞して頂きたいものだ。